仏具の豆知識

ローソクの起源

聞香炉

 ローソクはその起源を調べてみると最初、蝋(蜜蝋)や脂肪に木の皮、ブドウのつるやその他木片などを束ねた松明(たいまつ)から発達したものと考えられており、古くはエジプト人やギリシャ人に知られ、蝋製の小神像やローマ人死面も有名であり、蜜蝋をパピルス草や藁(わら)の根を束ねたものに塗ったローソクを寺院で使用したとプリニウスの博物誌に記載されており、既にローソクは紀元前3世紀に存在しギリシャ末期に発見されたと考えられています。
 東洋においても西京雑記には、漢の高祖の時代(BC3世紀末)関越(福建省)王が、蜜蝋二百枚を献品したと記されていたり、中国の戦国末期(BC3世紀頃)のものと認められる河南省洛陽権金村の墳墓から青銅製の燭台が発見されています。

※資料は、全日本ローソク工業会提供のものです。

 
このページのトップへ