仏具の豆知識

香の十徳

「香の十徳」は、十一世紀の北宋の詩人 黄庭堅(こうていけん)の作で、その後一休禅師により日本に紹介された、と言われています。

香の十徳

おおよその意味は、次の通りです。

  1. 鬼神でも香の良さに感じ入ります。
  2. 心身を清浄にします。
  3. けがれやよごれを除くことが出来ます。
  4. 眠気覚ましにもなります。
  5. ひまな時に、良い相手となります。
  6. 忙しい時に、一息くつろぐことができます。
  7. 多くあっても邪魔になりません。
  8. 少量でも芳香を放ちます。
  9. 何年しまっておいてもいたみません。
  10. 常用しても害がありません。
 

「香の十徳」は、香の効用を端的に、そして格調高く伝える詩文と言われています。

このページのトップへ